花粉症で受診の時は、以前使ったことがある
お薬の名前がわかると治療の参考になるので、
お薬手帳をお持ちの方はご持参下さい。


内服薬:
ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン、
キプレス)
抗ヒスタミン薬(ザイザル、アレロック、
ジルテック、タリオン、アレグラ、
アレジオン、クラリチン)
ステロイド(セレスタミン)
※ビラノアは15歳以上です。 
※テザレックス(回収中)は12歳以上です。
※ディレグラについて:抗ヒスタミン薬と
血管収縮薬の合剤です。有効性の高い薬
ですが、血管収縮薬が含まれており、小児
心臓病や緑内障の方には使用できません。

点眼薬:
メディエーター遊離抑制薬(インタール、
リザベン)
抗ヒスタミン薬(ザジテン、リボスチン、
パタノール)
ステロイド(フルメトロン)

点鼻薬:
メディエーター遊離抑制薬(インタール)
抗ヒスタミン薬(ザジテン、リボスチン)
ステロイド(アルデシン、リノコート、
フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト)
血管収縮薬(コールタイジン)

当院では花粉症に対する舌下免疫療法
ステロイド注射は行っておりません。

市販の点鼻薬に関する注意:
市販のアレルギー性鼻炎治療用の点鼻薬には
鼻粘膜の血管を収縮させる成分が含まれて
いることがあります。薬剤師の説明や添付文書
どおりに用法・用量を守れば有効な薬ですが、
漫然と使用することで、症状を頑固なものに
してしまうことがあるので、注意が必要です。